WorkFlowyまたはDynalistからScrapboxのページを作成するスクリプト

WorkFlowyまたはDynalistからScrapboxのページを作成するスクリプト

WorkExtend を使えば、WorkFlowyまたはDynalistのトピックから、Scrapboxのページを作成することができます。

使用するスクリプト

WorkFlowy→Scrapbox用(WF2Scrapbox)

  • インストール:WF2Scrapbox からインストールできます。

  • 引数1(arg0):Scrapboxのプロジェクト名【必須】

  • 引数2(arg1):Trueを渡した場合、最上位の項目にも●をつける。(インデントする)

  • 引数3(arg2):Trueを渡した場合、元になったところのURLを書き込みます。1

Dynalist→Scrapbox用(DL2Scrapbox)

  • インストール:DL2Scrapbox からインストールできます。

  • 引数1(arg0):Scrapboxのプロジェクト名【必須】

  • 引数2(arg1):Trueを渡した場合、最上位の項目にも●をつける。(インデントする)

  • 引数3(arg2):Trueを渡した場合、元になったところのURLを書き込みます。1

設定

スクリプトの設定の「引数」のarg0に必ず、Scrapboxのプロジェクト名を入れてください。または、URLスキームを使用してarg0を指定するのでも構いません。

ScrapboxのURLが「https://scrapbox.io/TestWork/」の場合は「TestWork」がプロジェクト名です。

実行(使用方法)

使用方法は簡単です。

WorkFlowyまたはDynalistを表示して、各スクリプトを実行するだけです。

あとは勝手にScrapboxのページが作成されます。

追記(2020/04/18)

ご要望がありましたので、作成したScrapboxのページの元になった場所(URL)をページの最後に追加することができるように修正しました。

引数3(arg2)にTrueを渡すと、Scrapboxのページの最後に元になったところのURLを書き込みます。Falseまたは何も指定しなければ、今まで通り、URLは書き込みません。


  1. 2020/04/18に機能を追加しました。 ↩︎